記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高碕の115を作る その1

皆さんこんにちは。さざろくです。今回から高碕の115系を作っていきたいと思います。 とその前に高崎に居る(居た)115系と大まかな分類について説明を・・・ 基本的に3連と4連、未更新車と3連で車内の設備取り換えや床下の補助電源装置をMG→SIVに変えたり台車の密封コロ軸受化を行ったリニューアル車とが高碕車両センターに配置されています。211系の台頭などにより4連についてはすべて廃車、残った3連が細々と最後の活躍をしているという状況です・・・
 さて、今回作る編成ですが7月の終わりに乗りに行ったときに高崎→横川で乗ったT1040編成とT1022編成を作ろうと思います・・・詳しい方なら編成番号でピンとくるのではないでしょうか?・・・ 知らない方のために軽く説明しますと 
T1040編成・・・高碕地区最後の未更新車 クモハの戸袋が白Hゴム  
T1022編成・・・高碕地区のリニューアル車で唯一のAU75冷房(他はAU720Bに換装済、この姿のもTOMIXから発売が決まりましたね・・・)  となっています。 参考までに未更新車とリニューアル車との車内の違いをIMG_1949.jpg
未更新車の車内 座席モケットが国鉄時代からそのままの形状で貫通扉も淡緑色もままです。昔の幕張の113系もこの車内が多かったと覚えてます・・・IMG_1978.jpg
続いてリニューアル車の車内を クリーム色の化粧板へ取り替えられ座席にもモケットがついています。 幕張にもこのタイプは末期になってから少しだけ存在していました・・・久々にこのモケットを見た時には少し感動しました・・・(苦笑) 
IMG_1980.jpg
貫通扉も未更新車は淡緑色に対しリニューアル車は車内の化粧板同様クリーム色になっています・・・この辺も各車異なっていたりする場合があるので実地調査が必要不可欠です・・・ 
 次回から製作に入っていきたいと思います。それではまた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。