FC2ブログ

記事一覧

鶴見線の103系を作る その1

こんにちは。さざろくです。  およそ1年ぶりの更新になってしまいました・・・(汗) この4月から周りを取り巻く環境が大きく変わることになりまして、忙しい中、書いております・・・ 忙しい1年間でしたが暇を見つけては少しずつ模型加工をしていたので公開しきれていない記事が多くあります。(その前に115系はどうなったんだって話ですよね・・・)少しずつ公開していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 さて、そんな備忘録と半ば化している記事ですが、まずは鶴見線の103系製作の記事を書きたいと思います。IMG_2319.jpg
今回も種車はグリーンマックスのEVOキットにKATOの床下を使いました。 ただ、在庫の関係でクハの車体+モハの屋根を使ってクモハを作っているので側面ルーバーなどを取り付け、電装しています。2編成分種車がありますが、この後、自分のミスで1編成使い物にならないゴミへしてしまったので完成は1編成のみになりました・・・  製作した編成はナハT9編成。モハユニットの客ドアが金属支持、クハは金押さえの編成になります。比較的末期まで走った編成になりますね・・・IMG_2340.jpg
金属支持ドア・前面強化板・側面ルーバーはBONAのEVO用パーツを使っています。ここまでは毎度お馴染みルーティンと化した作業ですね。 ここで手持ちの資料を見たのですが、あまり細部まで記録されて居ません。本当に合っているのか心配になったので、Twitterで交流のあった103系好きな方に確認を取って見ることに。そこで末期に一部の先頭車で、雨樋終端部が高運転台と同じ大型の物に交換されていたと知ります。そこで雨樋の終端部をエバーグリーンのプラ板で大型化しました。下のクモハ103は未実施だったようです・・・IMG_2343.jpg
母線が0.4のアルミパイプ、作用線が0.2、鍵外し線を0.1の真鍮線で再現します。妻面は全車、封鎖されていたので0.5mmのプラ板で埋めました。鍵外し線は引き通し方が変わっていたので変更してあります。  ・・・妻面を封鎖した上に実車は転落防止幌は取り付けていましたが、妻面の掃除はどうしていたのか気になるところです・・・ 車両銘板に関してはトレジャータウンの東武8000系用を使っています。IMG_2344.jpg
久々のパイピングでしたが、当時は高崎の115系を作った後だったので楽に感じた記憶があります・・(苦笑) 今見るとまだまだ改善の余地はあったなぁと思います・・・
 
 その2へ。それでは、また。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント