FC2ブログ

記事一覧

鶴見線の103系を作る その2

皆さんこんにちは。さざろくです。 前回はパイピングをした所まで紹介しました。今回は車体に塗る黄色5号を調色していきます。
 実車の塗装で使う塗料に関しては、民営化後は基本的に工場毎に選べるようになったらしく、各工場毎に様々なメーカーの物を使っているようです。そのため、同じ色でも耐光性などの違いで退色具合に違いがある状況です(有名どころで言えば、OMとNNの湘南色の違いなど)これもまた、模型の塗料合わせで難儀するところであります・・・IMG_2346.jpg
模型メーカーから出ている黄色5号ですが、どうも末期のJR東の103系に塗られていた黄色5号とはイメージが違う・・・ということで1から作ってみました。使ったのは毎度お馴染みクレオス。個人的にはここの塗料が一番扱いやすく感じます。黄色関連だけでも様々な色が発売されてますが、No.109 キャラクターイエローとNo.113 RLM04イエロー を混ぜてこの色を作り出しました・・・IMG_2347.jpg
TOMIXの103系に塗られている黄色5号と比べ、かなり明るい色味になりました。民営化後に車体色がポリウレタン塗料になって、車体色がかなり明るくなったイメージだったので予想通りです。この黄色5号を使って塗装していきました。IMG_2348.jpg
屋根はNo.306 グレーFS36270を、ベンチレーターは明灰白色を使いました。AU75Gに関してはスーパーステンレスで塗りなおしてあります。正しく末期の103系といった感じですねぇ・・・ 
次回は組み立て、完成となります。それではまた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント