FC2ブログ

記事一覧

末期の武蔵野線103系を作ろう! その1

皆さんこんにちは。さざろくです。今回から103系を制作していきたいと思います。今回使用するのはGM(グリーンマックス)から発売されているevolutionキットシリーズです。複数の会社の床下を使うことができるので非常に便利なキットです。今回はKATO製床下+evolutionキット  で末期の武蔵野線に居たE34編成を制作していきます。
E34編成は平成16年7月に廃車回送されるまで武蔵野線で働き、末期には所属区移動で豊田区→京葉区へ移動した編成です。Mc組み込み編成では比較的最後の方まで残った編成であり、府中本町方M-M'ユニットは妻窓閉鎖が行われていたりと面白みに富んだ編成です。末期の東日本にいた車両は前面強化パーツについては、BONAからevolutionキット用前面強化パーツといったまさにドンピシャなパーツが出ているのでそちらを使用しました。が、これを取り付けるのに一苦労…何回も弄っていたら側面と正面の繋ぎ目が取れてしまったので別々に瞬間接着剤で接着後、パテを盛って違和感を無くしました。府中本町方Tc,637はドアが金属支持ドアへ交換されていたのでこれまたBONAのパーツで再現。この作業は適当にやれないので慎重に行いました。(が、イマイチな出来…)
そして全車、車両更新車なのでキャンバス止めを削りトレジャータウンのドアコックを貼り付けます。なお、T247とM197・M'352はドアコックが主に京浜東北線で見られた小型の物で更新されていたのでそのタイプの物を貼り付けてあります。またM197・M'352は妻窓閉鎖も合わせて実施されていたのでM'の②エンドの開閉可能な窓以外をプラ板で気持ち一段低く埋めます。妻窓閉鎖に至っても埋めていない窓があったり編成内でもやっていない車両がいたりと中々調べるのも大変です…(どうやら、京浜東北線と南武線・常磐線に同じ時期に在籍していた車両で実施されていたようです。転落防止幌の取り付けも併せて行っている様なので、幌を取り付けたことによって妻窓掃除が出来なくなることを考えてなのかも知れませんね…因みに、晩年には京葉線でも転落防止幌の取り付けを行いましたがこの時には妻窓閉鎖を行わず…どういった考えでやったのかは分かりません…(汗)
 その2へ続きます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント